2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では、グループHの第8節でギリシャにアウェーで2-1と勝利し、圧倒的な強さで欧州一番乗りで本大会の出場権を獲得した。 11月6日、アディダスが「ベルギー代表 ユニフォーム 2018ロシアW杯 ホーム用」を発表した。エデン・アザールなどのサッカー選手は2018ユニフォームを着て来年のロシア大会で登場する予定。

デザインについて:

2018 ベルギー代表 ホーム ユニフォーム(1ST)はベルギー伝統なレッドを基調にデザインした。アディダス当時発表したW杯出場国ユニフォームと同じ、2018 ホーム ユニフォームのデザインコンセプトは1984年の欧州選手権で使用した1984-85モデルのインスパイアをもらったものだ。フロントは連続する菱形が交差する胸のアーガイル柄にした。1984-85モデルと同じVネックにも採用。背面の首元にはベルギー国旗色でアーガイル柄をプリント。チームエンブレムも1984-85モデルに倣って胸中央に配置。 アディダスの象徴「三本線」は脇へ!

テクノロジーについて:

アディダス「Climachill」(2~3分水に浸し、軽く絞って身につけるだけで即冷却ができる素材。)を搭載した。

ショッピングガイドについて:

Worldcup Uniformで予約販売中

買い物はこちら