2018 ベルギー代表 アウェイ ユニフォームをご紹介。

ベルギー代表のサプライヤーであるアディダスは20日、2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨むベルギー代表のアウェイユニフォームを発表した。今回のデザインは、過去の代表ユニフォームからヒントを得たものとなってる。今日は、彼のアウェイ ユニフォームを簡単に紹介する!

2018 ベルギー代表 アウェイ ユニフォーム 半袖の画像はこちら↓

デザインについて:

2018 ベルギー代表 アウェイ ユニフォーム(2ND)は鮮やかな黄色を基調にデザイン、ユニフォームのボディには印象的な横縞が入り、総体、ベルギー代表の雰囲気が溢れている。

目に引くのは、新発表のアウェイ ユニフォームはホームモデルと違って、アディダスの象徴である「スリーストライプス」が肩に配置され、色は黒×赤×黒にした。

背面の首元にはベルギー国旗色でアーガイル柄をプリント。チームエンブレムは前モデルと同じ、左胸に配置。

パンツは黒を基調。

テクノロジーについて:

アディダス「Climachill」(2~3分水に浸し、軽く絞って身につけるだけで即冷却ができる素材。)を搭載した。

ショッピングガイドについて:

通販サッカーユニフォームWorldcup Uniformで予約販売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です